学会への加入をきっかけに学術界へ

キャリアアップ志向の強い看護師は専門性の高い医療機関に所属して高いスキルを磨こうと考えることがよくあります。特に専門性の高い医療機関の場合には看護師に対して専門の学会への所属を求めることが多く、就職と同時に加入することになるでしょう。

もともとキャリアアップ志向の強い人の場合には知識に対しても貪欲であることが多く、加入したことによって定期的に送られてくる会報を見て学術集会に参加してみようと考えることも珍しいことではありません。このような医療機関では学術集会への参加を支援していることも多いため、せっかく加入したからと考えて一度は足を運んでみる看護師も多いものです。そこで初めて最新の研究発表に触れてみるとただその内容に魅力を感じるだけでなく、研究をして新しいことを発見することに憧れを持つようになる人もしばしばいます。

看護をすることにも興味があるものの、それに基づいた基礎研究や臨床研究にさらに高い興味を持つようになって研究の現場で働こうと決意し、学術界へ参入することを決意する人もいるのが現状です。もともと看護業界では学術研究を志向する人がそれほど多くないため、学術集会で触発されて学術界入りをしてくれる看護師は貴重な存在であり、学会を支える人材として重宝される傾向があります。

医療に直接関わる看護師も重要であるものの、その基礎を支える学会の要人となる学術界の人材も必要であり、このような形で触発される人がいることに看護業界が助けられているのです。さらにそれは看護師にとってもキャリアアップに繋がっているため、双方にとってもメリットとなっています。