学会ではコミュニケーションが大切

看護師のキャリアパスの一つとしてあげられるのが臨床開発モニターへの転職です。製薬会社や医療機器メーカーからの依頼を受けて治験を実施する責任の重い仕事を担うキャリアになりますが、看護師として働いているよりも高い年収で働くことができるのが魅力として注目されます。臨床現場で働くことが合っていない人のキャリアパスにもなるのが臨床開発モニターであり、治験の手配とモニタリングが基本の仕事です。

特に治験場所を決めたり、治験に従事する医師などの医療関係者を選定したりする仕事は治験の成功の可否に関わる重要な点であり、そのためには人脈づくりは欠かせません。看護師として働いている間にいかにして人脈を広げておくかが臨床開発モニターになるキャリアパスを目指す看護師にとって重要な視点になります。

その際に役立つのが学会であり、参加してできるだけ多くの人とコミュニケーションをとってつながりを作っておくと転職後に活用していくことが可能です。特に医師とのつながりは重要であり、ただ看護師として働いているだけでは他院の医師とのつながりを作るのは難しいものの、医療系の学会に行けば全国各地の病院に勤める医師との人脈が作れる可能性があります。

転職に直結する要素とはならないものの、臨床開発モニターとなってから仕事の役に立つことに加えて、転職後に学会参加したときにまた顔を広げるためのきっかけにもなります。臨床開発モニターを目指す際には積極的な参加をしていくのが得策です。